キャッシング契約は返済期間が長期か短期か使い分けが重要!

キャッシング返済
キャッシング契約は、インターネットを利用することで手軽に申し込みが可能になっています。特にカードローンは、多くの金融機関が取り扱いしており、契約先の第一候補となり得ます。 ですが、キャッシングは返済期間が長期になるのか、短期になるのかで使い分けが重要であり、手…
もっと読む

住信SBIネット銀行のカードローンについて

銀行系キャッシング
実店舗を持たない分、魅力的な金利でサービスを利用者に提供しているとして、近年急速に利用者数を伸ばしている金融機関インターネット銀行になります。インターネット銀行というと普通預金や定期預金の金利の高さや振込手数料などの安さがなどが注目されがちですが、銀行のサービ…
もっと読む

メリット・デメリットから見るおまとめローンの存在

キャッシングおまとめ
多重債務者向けのプランとして、様々な金融業者が用意しているおまとめローンというものがあります。複数の会社から借入があると、返済日も違いますし利子なども違ってくるため、個人が把握しきるのはなかなか面倒ですが、このおまとめローンを使うことで一社にまとめることが出来…
もっと読む

おまとめローンとは一体どのようなものなの?

キャッシングおまとめ
皆さんも一度は「おまとめローン」と言う言葉を耳にした事はありませんでしょうか?おまとめローンとは一体何をまとめたローンなのでしょうか?今回はそのおまとめローンとはどのようなものなのかと言うことについて簡単にお話をしていきたいと思います。 おまとめローンとはキャ…
もっと読む

キャッシングは即日で借りることができます

即日キャッシング
今時のキャッシングサービスは即日でお金を借りる事がそれなりに出来るようになっています。すぐにお金を借りたいということがあるのであればこれは殆ど問題がないということになります。但し、即日は確実ではないということもあります。 つまりは、どうしてもその日のうちに融資…
もっと読む

J.Score(ジェイスコア)は総量規制の対象

消費者金融系キャッシング
J.Score(ジェイスコア)という会社は聞いたことがない人も多いかもしれません。 AIが審査をしているような最先端の会社なので、詳しいことを知らないという人も多くいるでしょう。 社名を見ると消費者金融なのか?どうかもよく分からないという人もいると思われますが…
もっと読む

歩合制の仕事をしている人はキャッシングの審査で不利になる?

キャッシング審査
一般的にキャッシングの審査では、歩合制が常識になっているような仕事をしている人は不利になる可能性があるとされています。 給料の全てが歩合制ではないとしても、歩合制の部分が少なからず含まれていると思われる職業がいくつかあって、例えばタクシードライバーなどが該当し…
もっと読む

【キャッシング限度額】意外と簡単に増額できました

キャッシング活用術
キャッシングの増額は簡単に行うことができました。私は26際の会社員で、年収400万円そこそこです。そもそもは楽天カードのクレジットカードにに10万円のキャッシング枠をつけていました。結婚するまではキャッシング枠は使ったことがなかったのですが、結婚し嫁に財布を握…
もっと読む

【キャッシング 審査】について

キャッシング審査
カードローンや【キャッシングの審査】とは、いわゆる金融機関から目的自由な融資を受けるための審査のことです。 審査サービスが発展したことで、担保・目的自由のフリーローンが誕生したのは画期的だったといわれています。 ただ、キャッシングの申し込み時には、「審査のこと…
もっと読む

キャッシングの申込みはWEBと自動契約機のどちらが良いか

キャッシング申し込み
現在はネットが発達してスマホも普及した事で、様々な事をスマホやPCを使って行えるようになりました。キャッシングの申込みに関してもオンラインでの手続きに対応している消費者金融が増えています。そこで気になるのが、WEB申込みと自動契約機で申込みとならどちらがいいの…
もっと読む

プロミス、レイクALSA、モビットのアプリを使ったカードローンについて

キャッシングあれこれ
カードローンなのに、カードは不要、スマホがあれば、申込みや借り入れ、そして返済もできるのがプロミスのアプリローンです。 スピーディに借り入れできる、カードを持ち歩く必要がないので周囲にばれにくい、といったメリットがあり、アプリを使ったカードローンは、若い世代を…
もっと読む

キャッシングサービスでは審査の内容とは

キャッシング審査
キャッシングの審査の内容を教えてくれと言っても業者は全く教えてくれないのですがどこを見られているのかというのは実はそれなりにわかっています。それが年齢であり、収入であり、職業であり、これまでの金融履歴になります。消費者金融などにおいては総量規制というのが引っか…
もっと読む

支払日の寸前に借り換えを行う事

キャッシングあれこれ
キャッシングを行う上で、やはり毎月の返済がネックとなり当たり前の事ですがお金が無い状況でお金を借りている訳でそこに関しては、良い方法と言えばやはり借り換えを上手に活用する事が重要です。 一社のキャッシング業者を利用するとどうしても利息と元本を直ぐに支払う事とな…
もっと読む

初めてのキャッシングを利用する方はとても便利!

キャッシング申し込み
初めてキャッシングを利用すると言う方でとても耳寄りな情報があります。なんと初めての方に限り、金利が無料でキャッシングを行えることができると言うことがあるからです。それはどのような方法で行うのかということについてお話をしていきたいと思います。 消費者金融によりま…
もっと読む

すんなり通った楽天銀行カードローン

銀行系キャッシング
今まで時間を置いて何度かキャッシングにトライしてきたのですが、とにかく収入が少ないので審査には全然通りませんでした。しかし、こんな私でも楽天銀行カードローンはすんなり一発で通ったんです。これにはかなり驚いてしまいました。キャッシングの目的は家電の買い替えです。…
もっと読む

レディースローンは専業主婦でも借りられるのか?

キャッシングあれこれ
キャッシング業者の中には、すべての業者ではありませんが女性専用の レディースローンのサービスを行っている場合があります。文字通りキャッシングを受けられるのは女性だけであり、男性は申し込むことができず女性にとってメリットのある場合が少なくありません。 名称だけ見…
もっと読む

キャッシングの審査って何がポイントか

キャッシング審査
キャッシングをするためには、審査を受けなければいけません。なぜならキャッシングをする会社側はお金を貸し付けることになるため、返済をすることができる能力があるのかないのかが大きなポイントになってくるためです。 そこでキャッシングをしたいとしても必ずカードの発行前…
もっと読む

カードローンは使用目的を問わず利用できる

キャッシングあれこれ
カードローンのメリットは、使用目的が限定されていないことです。そのため、生活費が足りない時や欲しい物ができた時など、様々な場面で便利に活用することができます。そんなカードローンですが、極稀に審査の時に使用目的を聞かれることがあります。 使用目的に問題があれば審…
もっと読む

貸金業の営業許可番号だけで判断するのは要注意!

キャッシングあれこれ
インターネット上では、消費者金融を検討する場合、貸金業としての営業許可番号に注目することがポイントとなっています。しかし、この情報だけでは正規の貸金業者であるかどうかの判断だけに過ぎず、安心して利用できるかは判断が難しくなっています。 実際、正規の貸金業者でも…
もっと読む

キャッシング申し込みは癖になるという感覚を持つことが大事

キャッシング申し込み
ネットでキャッシングの申し込みができる時代ですから、とても楽に申し込みが出来てしまうことで申し込みが癖になってしまう人というのもいるものです。また、申し込みをして審査がすぐに通ってしまえばすぐにお金を借りることもできますから、一つ申し込みをして限度額まで使って…
もっと読む

どうしても今日お金が必要な時の対応方法

即日キャッシング
どうしても今日お金が必要。給料日まで待てない。そんな経験されたことありませんか。 実はキャッシングを利用すれば申込からわずか一時間程度でお金を受けとることができます。 例えば大手の「プロミス」なら借入枠が50万円以下の場合ならスマホと本人確認書類さえあれば申込…
もっと読む

銀行カードローンの即日融資がなくなった理由とは

銀行系キャッシング
銀行カードローンも消費者金融カードローンと同じように即日審査で即日融資されるカードローンは少なくありませんでした。ただし2018年1月から、銀行カードローンが即日融資を取りやめています。これは法的な規制ではなく銀行の自主規制として実施されるているものです。ただ…
もっと読む

自動契約機によるキャッシングの申し込みの利便性

キャッシング申し込み
お金が必要になった時に資金を用立てるのに役立つのがキャッシングです。キャッシングを活用する事で、多くの人々は給料日前に足りないお金を用意する事が可能です。キャッシングで借り入れをするには、申込みをして審査を通過する必要があります。 申し込み方法としては、インタ…
もっと読む

銀行が不動産担保ローンをあまり提供していない理由

キャッシングあれこれ
不動産担保ローンについて、お供とは銀行が提供していたものですが、案外近年では中小の消費者金融のほうが活発だったりします。 なぜ、こうなったのかというと基本的に貸し倒れのリスクが大きいからです。 バブル崩壊や不良債権の処理などの影響からか、不動産担保の貸し倒れの…
もっと読む