銀行が不動産担保ローンをあまり提供していない理由

不動産担保ローンについて、お供とは銀行が提供していたものですが、案外近年では中小の消費者金融のほうが活発だったりします。

なぜ、こうなったのかというと基本的に貸し倒れのリスクが大きいからです。

バブル崩壊や不良債権の処理などの影響からか、不動産担保の貸し倒れの率が上昇し担保として成り立たなくなってしまったため

銀行はほとんど手を引いてしまったというのが実情です。

また、抵当権が設定されていたとしても、実際に処理するときには売却価格は思ったよりも伸び悩んでいるようなケースがありますので、

そういったところからもリスクが大きくなるようなこともあったりします。

ですので、銀行は最近ではあまり手を出さないようなことも多いのです。