異なる銀行カードローンでも保証委託先が同じなら申し込みは避けるべし!

銀行カードローンは、銀行だけでなく保証委託先の審査を受けることとなります。しかし、保証委託される会社は意外に少なく、異なる銀行カードローンだったとしても同じ保証会社というのは多々あります。そのため、一度審査落ちした銀行カードローンと同じ保証会社でないことを申し込みの際にはチェックするのが重要です。

また、保証会社は消費者金融系およびクレジット系の会社となり、大手消費者金融の審査が落ちている場合、クレジットカードの審査が通過できなかった場合も申し込みを避ける必要があります。

金融事故情報が個人信用情報に記録された状態で申し込みすることは、その他の契約先の選択肢を狭めてしまうことにも直結するため、申し込みの際には不必要に情報を与えないといったリスク管理も重要になります。

保証会社に重大な金融事故情報を知られてしまうと、その保証会社の審査自体が通り難くなってしまい、多くの銀行カードローンが契約出来なくなってしまいます。