キャッシング契約は返済期間が長期か短期か使い分けが重要!

キャッシング契約は、インターネットを利用することで手軽に申し込みが可能になっています。特にカードローンは、多くの金融機関が取り扱いしており、契約先の第一候補となり得ます。

ですが、キャッシングは返済期間が長期になるのか、短期になるのかで使い分けが重要であり、手軽さからカードローンを選ぶのは得策ではありません。確かに、短期間で返済するのであれば、繰り返し利用できるカードローンは便利です。

しかしながら、金利の高さから長期返済ではデメリットが大きくなります。一方、フリーローンや目的ローンは、金利が低いため、長期返済向きです。ですが、金利が低いため、審査が厳しいと考えてしまい申し込みを避けてしまうことがあります。しかしながら、フリーローンでも無担保かつ保証人無しであれば、カードローンとあまり差はありません。むしろ、繰り返し利用出来ない分、融資リスクは低くなるため、金利条件が良くなる可能性があります。

先ずは、キャッシングを検討する際は安易にカードローンを選択しないのがポイントです。