消費者金融と銀行カードローンはどのように選択するべき?

銀行カードローンは消費者金融と比べて金利が低いのが最大の特徴です。消費者金融では100万円未満の限度額での契約時には年利18%の利息を請求されることがほとんどですが、銀行カードローンはこの範囲の限度額であれば15%未満なのが普通です。

よって、銀行カードローンが利用できればそちらを利用するに越したことがありませんが、銀行カードローンは消費者金融より審査が厳しいのも特徴で、消費者金融の約半分の審査の通過率だというデータがあります。

つまり、すぐに返済できる、またはともかく急ぎでお金が必要な時には消費者金融の方が向いています。年利18%と15%では当然利息の差が出てしまいますが、具体的には20万円を1ヶ月借りた場合で約500円の差です。この差を承知の上で借りやすいという点を重視するのであれば消費者金融の方がおすすめです。また、契約後のサービス面でも消費者金融は銀行カードローンより充実していることが多いので、決して金利が高いだけではありません。

銀行カードローンでも消費者金融のように即日融資が受けられることがありますが、特に土日や祝日では難しいことも多く、急ぎの場合には向いていません。消費者金融には元々平日や休日といった区別がないので、この点でも消費者金融の方が上回っていると言うことができます。

このように、第一に金利を重視したいのであれば銀行カードローン、ともかく借りることが優先の場合は消費者金融という選択になります。