歩合制の仕事をしている人はキャッシングの審査で不利になる?

一般的にキャッシングの審査では、歩合制が常識になっているような仕事をしている人は不利になる可能性があるとされています。

給料の全てが歩合制ではないとしても、歩合制の部分が少なからず含まれていると思われる職業がいくつかあって、例えばタクシードライバーなどが該当します。

歩合制によって給料が決まるということは、その時々で給料の変動が大きいと予想されることになり、収入が不安定だと判断される可能性もあるのです。

個人のスキルによって収入を安定させられる人もいますが、歩合制の部分が含まれる職業の人たちは、キャッシングの審査においては不利に可能性があることは知っておきましょう。

どうしてもサラリーマンと比べたら変動が大きくなってしまいますから、そこはキャッシングの審査では影響してしまうのです。