銀行系カードローンの収入証明書の扱いは今後どうなる?

銀行系キャッシング
銀行系カードローンでは、業界の自主規制によりさまざまな面で規制が強化されており、 その中のひとつに収入証明書の提出用件というのがあります。 規制前ですと、300万円までの借入限度額なら不要といったようなかなり後学レベルでもいらないという文言が並んでいるような光…
もっと読む

キャッシングや各種ローンの審査に通らない!金融事故も無いのに何故?

キャッシング審査
銀行や消費者金融で契約出来るキャッシングローンは、利用目的が自由なため、日常生活において現金が不足した際には便利です。また、目的ローンなどの場合、高額な教育費も確保出来るため、子供の進学時にも資金に悩むことが無くなります。 ですが、収入面、他社借入件数や残高、…
もっと読む

最短1時間でお金が借りられるカードローンとは?

即日キャッシング
カードローンはできることなら利用しない方がいいですが、どうしてもお金が必要な場合はやむを得ません。きちんと返済可能な金額を借りるなら、それほど問題とはなりません。お金を借りると決めたなら、なるべく早く手元に現金を手にできるカードローンの方がいいです。最近は申込…
もっと読む

低金利でまとまった金額を借りるなら銀行カードローンがおすすめ

キャッシング金利
消費者金融のキャッシングは消費者に目線で考えると手続きの簡単さや融資を受けられるまでのスピードはとても魅力的です。最短で即日融資が受けられる消費者金融のキャッシングはとてもつかるサービスといっても過言ではありません。しかし、消費者金融のキャッシングには金利の高…
もっと読む

大学生の私でも利用できた!便利なキャッシングサービス!

キャッシングあれこれ
私は大学生の頃、留学しており学費を稼ぐために東京でアルバイトをしていました。その当時、親からの仕送りは0でしたので自分で全てをやり繰りしなければなりませんでした。例えば、東京での生活費としてかかるアパート代から食費・光熱費・交通費などです。 その当時は余分なお…
もっと読む

キャッシング審査での本人確認とは

キャッシング審査
キャッシングを利用したいと思っている人であっても、審査に対する不安感から申し込みに踏み切れないといったケースは珍しくないようです。そういった人が特に不安に感じてしまうのは本人確認と在籍確認についてではないでしょうか。 キャッシングを利用するに当たって、個人情報…
もっと読む

キャッシング審査で引っかかりやすいポイント

キャッシング審査
キャッシング審査で重要になるのが信用力です。現在のキャッシングでは、何か仕事をしていれば融資額や限度額に違いはあるものの、ほぼ確実に審査には通ることができます。審査落ちをするのはたいていはこの信用力に問題がある場合なのです。 そこでキャッシング会社は、審査時に…
もっと読む

歳末の急なアポイント時…

キャッシング体験談
2013年末、クリスマス、年末年始の飲み会にと、ボーナス月にも関わらず大きな出費が続いていました。 基本的にカード払いが好きではない私は、急な出費をどう乗り切るかを考えていました。 目に留まったのは、電車の釣り看板。プロミスでした。 そのころはちょうどキャンペ…
もっと読む

専業主婦がキャッシングをするなら銀行カードローンです

銀行系キャッシング
キャッシングは基本的に本人に収入がないと利用することができませんが、配偶者に安定した収入がある専業主婦(もしくは主夫)に限っては、その収入を元にして契約を行うことができます。 このような契約方法を配偶者貸付といい、消費者金融でもこの制度を利用することができます…
もっと読む

カードローンが無利息で利用できる理由

キャッシング金利
カードローン業者もかなり過当競争時代に入っています。ですから、様々なサービスをつけることによって生き残りを図ろうとしています。しかし、根本的にカードローンというサービスはお金を貸す、ということになりますから、それ以外のことはできるわけもなく、要するに金利面など…
もっと読む

アイフルの利点と難点について

消費者金融系キャッシング
アイフルにはいろいろな利点がありますが、まず挙げられるのは「自分に合った借入方法が選べる」ということです。 通常の借入方法である「キャッシングローン」はもちろんのこと、借り換え専用の「かりかえMAX」、一本化専用の「おまとめMAX」、女性専用の「レディースアイ…
もっと読む

自分が出られるタイミングを考える

キャッシング審査
キャッシングの本人確認は、時間が合わないと確認することができないため、延々と電話を受けることになります。携帯電話だと、着信履歴などが多くなって面倒になりますし、自宅の電話は他の方に気づかれることがあります。なるべくそのようなことが起こらないように、自分が出られ…
もっと読む

自分に合った返済方法はないか考えています

キャッシング返済
キャッシングの返済には銀行口座からの自動引き落としを利用しています。 これが本当に便利で、給料が振り込まれる口座と同じ口座を指定しておけば返済は何もしなくても大丈夫になります。 給料が振り込まれる、そこから勝手に引き落とされる、こんなに楽な事はないのですが、デ…
もっと読む

プロミスで1時間でお金を借りる手続きの方法は?

消費者金融系キャッシング
プロミスは最短1時間融資が可能な消費者金融ですが、申込方法によっては時間がかかってしまう事があります。早くお金を借りたい人は特に注意をしなければいけませんが、申し込みをしてから1時間でお金を借りるにはどのように手続きをすればいいのか見ていく事にしましょう。 ・…
もっと読む

インターネットからのキャッシング申込み

キャッシング申し込み
近頃、キャッシング申込みをインターネットからする人が増えているそうです。 もともとお金に困っているということは、あまり人には知られたくないものですから、パソコンやスマートフォンなどから空いた時間にパッと申し込めるインターネットでの申し込みは、とてもマッチしてい…
もっと読む

無人機契約機はやっぱり多い会社のほうがいい。

キャッシング申し込み
無人契約機が多い方が、色々なところで借り入れをするようなことをできやすいといえます。 そもそも、数があった方が近い場所の契約機を探すのが簡単であるでしょうし、契約機が多くあれば 良好先や出張先で探すようなことも苦労はしませんし、自宅付近では誰かに合うかもしれな…
もっと読む

モビットのカードローンの契約方法とは

消費者金融系キャッシング
モビットのカードローンは最短で即日契約ができますし、来店不要で契約することもできるとあって、多くの人から好評を得ているカードローンの一つといえます。モビットのカードローンは申込方法によって、大別すると2種類の契約方法があるのですが、それぞれの契約方法について、…
もっと読む

キャッシング契約は返済期間が長期か短期か使い分けが重要!

キャッシング返済
キャッシング契約は、インターネットを利用することで手軽に申し込みが可能になっています。特にカードローンは、多くの金融機関が取り扱いしており、契約先の第一候補となり得ます。 ですが、キャッシングは返済期間が長期になるのか、短期になるのかで使い分けが重要であり、手…
もっと読む

住信SBIネット銀行のカードローンについて

銀行系キャッシング
実店舗を持たない分、魅力的な金利でサービスを利用者に提供しているとして、近年急速に利用者数を伸ばしている金融機関インターネット銀行になります。インターネット銀行というと普通預金や定期預金の金利の高さや振込手数料などの安さがなどが注目されがちですが、銀行のサービ…
もっと読む

メリット・デメリットから見るおまとめローンの存在

キャッシングおまとめ
多重債務者向けのプランとして、様々な金融業者が用意しているおまとめローンというものがあります。複数の会社から借入があると、返済日も違いますし利子なども違ってくるため、個人が把握しきるのはなかなか面倒ですが、このおまとめローンを使うことで一社にまとめることが出来…
もっと読む

おまとめローンとは一体どのようなものなの?

キャッシングおまとめ
皆さんも一度は「おまとめローン」と言う言葉を耳にした事はありませんでしょうか?おまとめローンとは一体何をまとめたローンなのでしょうか?今回はそのおまとめローンとはどのようなものなのかと言うことについて簡単にお話をしていきたいと思います。 おまとめローンとはキャ…
もっと読む

キャッシングは即日で借りることができます

即日キャッシング
今時のキャッシングサービスは即日でお金を借りる事がそれなりに出来るようになっています。すぐにお金を借りたいということがあるのであればこれは殆ど問題がないということになります。但し、即日は確実ではないということもあります。 つまりは、どうしてもその日のうちに融資…
もっと読む

J.Score(ジェイスコア)は総量規制の対象

消費者金融系キャッシング
J.Score(ジェイスコア)という会社は聞いたことがない人も多いかもしれません。 AIが審査をしているような最先端の会社なので、詳しいことを知らないという人も多くいるでしょう。 社名を見ると消費者金融なのか?どうかもよく分からないという人もいると思われますが…
もっと読む

歩合制の仕事をしている人はキャッシングの審査で不利になる?

キャッシング審査
一般的にキャッシングの審査では、歩合制が常識になっているような仕事をしている人は不利になる可能性があるとされています。 給料の全てが歩合制ではないとしても、歩合制の部分が少なからず含まれていると思われる職業がいくつかあって、例えばタクシードライバーなどが該当し…
もっと読む